すっきりレッドスムージー 飲み方

すっきりレッドスムージーの効果的なオススメの飲み方は?

すっきりレッドスムージーを使ってもうまく痩せれる方もいれば、なかなか痩せることができない方も中にはいます。

 

ですのですっきりレッドスムージーのポイントをおさえた飲み方を紹介します。

 

せっかく置き換えダイエットにチャレンジしているわけですから痩せてきれいな体になりたいですよね。

 

 

すっきりレッドスムージーを飲む場合、基本的には水またはぬるま湯で飲みます。

 

グラスに100ml〜150mlの水またはぬるま湯を入れてすっきりレッドスムージーを混ぜるだけで完成です。

 

あとは朝食か昼食、または夕食代わりに飲むだけ。

 

これがすっきりレッドスムージーを使った置き換えダイエットの基本です。

 

後は続けることができるかどうかによって結果が変わってきます。

 

ちょっとしたコツ?というかポイントなんですけど、すっきりレッドスムージーを水かぬるま湯に混ぜた後、少しだけ時間を置くことをオススメします。

 

何故少しだけ時間を置く理由は、作った後時間を空けることでトロミが多くなるからです。

 

 

トロミが多くなるとサラサラなすっきりレッドスムージーを飲むよりも満腹感が得られるし、何よりお腹にたまってくれます。

 

置き換えダイエットで失敗する方の特徴として、空腹感に耐えられないという方が多くいるので、ちょっとでもトロミがつくというのはありがたいです。

 

 

飲み方のレパートリーを増やせば継続しやすい

 

毎日同じ味だとやはり飽きてしまい、続けて飲むのが苦痛に感じてしまうもの。

 

大好きなカレーだとしても1カ月毎日食べ続けろって言われたら無理…

 

それと同じです。

 

でもすっきりレッドスムージーは飲み方のレパートリーが多くあり、水以外でも美味しく飲むことができるので継続しやすいんです。

 

特にすっきりレッドスムージーは豆乳との相性が抜群にいいので、かなり美味しく飲むことができますよ。

 

それに豆乳と混ぜることで同時にタンパク質も摂取できるからオススメですね^^

 

カロリー量は豆乳で割ると多少上がりますが、それでも150mlの豆乳でたったの107kcalだけですからね。

 

もちろん豆乳で作った場合も作ってから飲むまで少し時間を空けるようにしてください。

 

時間を空けるというちょっとの手間だけでプルプルの豆乳レッドスムージーの完成です。

 

 

これだけは避けたいすっきりレッドスムージーの飲み方

 

すっきりレッドスムージーは豆乳との相性は抜群ですが、牛乳やヨーグルトといった乳製品と一緒に飲むことはオススメできません。

 

確かに牛乳やヨーグルトと一緒に飲むと美味しいのですが、牛乳やヨーグルトですっきりレッドスムージーを飲んでしまうと、すっきりレッドスムージーに含まれてる食物繊維が牛乳やヨーグルトに含まれるカルシウムを吸収しにくくなってしまうからです。

 

カルシウムももちろん体に大事な栄養分なので、一緒に飲むのは避けるようにしてください。

 

 

その他のすっきりレッドスムージーを使ったオススメレシピ

 

すっきりレッドスムージーで作ったゼリーもオススメです。

 

ゼリー状だと普段のトロミつきで飲むよりもさらにに満腹感が得られるので、腹持ちはかなりアップしますからね。

 

レッドスムージーゼリーの作り方

 

@使うゼラチンの量は5g
A水、豆乳250mgにゼラチンを混ぜて電子レンジで溶かします
B粗熱が取れてからすっきりレッドスムージーを3包入れて混ぜる
Cあとは冷蔵庫で冷やすだけ

 

これで低カロリーの美味しいすっきりレッドスムージーゼリーの出来上がりです。

 

 

いくつかすっきりレッドスムージーのレシピを紹介しましたが、他にもいろんな摂取方法があるのでレシピを楽しみながら続けるのもいいのではないかと思います。